賃金種別に見る日給制と日給月給制の違い

パソコンに詳しい人の中に日給がいい人がいます。 賃金の種別では時給制をはじめ、日給制や月給制、ならびに年俸制などがあります。日給制は就労時間が短くても当日分の賃金が得られる制度で、月給制は出勤日数が少なくても一か月分の賃金が得られる制度です。そして、そのほかにも日給月給制と呼ばれる種別もあります。これは賃金の換算方法自体は日給制のため、欠勤した日があった場合では、基本的にその分の賃金が減額されることになります。純粋な月給制では欠勤日がある場合でも減額されることがありませんから、その点が大きな違いです。

また日給制と日給月給制の違いですが、純粋な日給制の場合では賃金の支払い方法として、当日や翌日をはじめ週払いなどで支払われる傾向が多くなっています。一方、日給月給制では当日や翌日払いなどはなく、日給制で算出された賃金を一か月分まとめて支払うことが一般的になっています。日給制と日給月給制は字的に似た感じもありますが、賃金の支払いタイミングには大きな差がありますので、求人を探す場合では留意点になります。そのため早急にお金が必要になり、当日や翌日払いを希望している場合でも、日給月給制に参加致しますと、原則として給料日まで賃金が受取れませんから注意が必要です。

Copyright (C)2019パソコンに詳しい人の中に日給がいい人がいます。.All rights reserved.